いらっしゃいませ。
一部の古いブラウザでは
表示に不具合があります
のでご了承ください。

by 管理人
★★お知らせとMyBlog情報★★
2005年10月07日登録

基本は不定期更新、気まぐれブログです。

コメント欄も、自由気ままに開けたり閉めたりしています。
すみません(ぺこり)

皆さん、風邪など引かぬように、気をつけて下さいね。 

★★Logo下のwelcomの画像にカーソルを載せると、挨拶文が表示されます★★


2011年 03月 18日 |
1週間。綺麗ごとでは済まされぬ。
地震から1週間。
今日、やっと友人と連絡が取れた。

津波はあっという間に自宅の1階まで押し寄せ、2階に上がるのが精一杯だったと。
女川の実家は流され跡形もないと。

電気がやっと通って、電話も今日繋がったと言って、連絡をくれた。
生きてるだけで良かった!

ここからは人から聞いた人間模様。

東京の、あるスーパーでの出来事。
「開店時間前に、お客が入店。品物が並ぶやいなや、我先にと品物を買いあさる人たち。
その中で、万引きをする老婦人。店内大騒ぎ。」


被災地仙台に身内がいる人から聞いた人間模様。
「自分たちの住むマンションは、被害が殆どなかった。1~2階の人たちは津波に合ったが、7階に住むその身内は被害も少なく、今でもそこに住んで不自由な生活を送っているけれど、道行く人たち(主に被災者)が、怒鳴りながら石を投げたり、棒で壁を叩き続けたりと、それはそれはすごいけんまく。
お前たちばかりが助かって、このやろー!!と聞こえてくる罵声に、その身内は夜も怖くて眠れないという。」


テレビでは、再会のシーン、復興に明るく頑張ります!とメッセージを残す被災者の姿を映し出すが、私たちの知らないところでは、現実にこういう事態も起こっているんだということ。

人間、綺麗ごとでは済まされない。
確かに一生懸命に頑張ろうとしている人は多いだろう。
けれど、妬み、恨み、人間の持つもう一つの部分も表に出る状況だということ。
現に、東京でも買占めが起こっているということは、やはり人間は自分が一番大事だということを、改めて自覚する時だと思う。

この考えはあくまで私個人の意見。
けれど、こういう話を聞くと、「あ~そういう現実もありえるだろうな。」と、すぐに思った。
全部が全部、そんな人ではないだろうけど・・・
[PR]
by smile-wind | 2011-03-18 18:52 | 語る