いらっしゃいませ。
一部の古いブラウザでは
表示に不具合があります
のでご了承ください。

by 管理人
★★お知らせとMyBlog情報★★
2005年10月07日登録

基本は不定期更新、気まぐれブログです。

コメント欄も、自由気ままに開けたり閉めたりしています。
すみません(ぺこり)

皆さん、風邪など引かぬように、気をつけて下さいね。 

★★Logo下のwelcomの画像にカーソルを載せると、挨拶文が表示されます★★


|
カテゴリ:起る( 48 )
2010年 12月 16日 |
年末になると喪中のはがきが届くけど、今年、我が家には私宛の喪中はがきが多かった。

年齢的にも親が逝ったという知らせが多いけど、中に1枚懐かしい名前を見た。
しかも、亡くなった方の名前・・・

差出人は高校生の時の一つ下の後輩。
え?お兄さん??亡くなったの??嘘!!
その後輩のお兄さんとは、とっても仲良くしていた。
後輩とは、姉妹のように仲が良かったので、お互いの家を泊まったりして、お互い家族同様の付き合いだった。
彼女はお兄さんが3人で一番下の末娘。

高校生の頃に、生徒会の役員をお互いしていて、なんと彼女からラブレターを貰ったという仲。
そこに書かれていた言葉は、今でも脳裏に焼きついていたりする^^;
そこからあの当時流行っていた交換日記が始まり、それは1年続き、私が上の学校の試験に行く時も、授業を抜け出して駅まで見送りに来てくれた。

東京と田舎という距離はあったけど、彼女が高校を卒業して東京に出て来てからも、付き合いは続いた。
さらに私が学校を卒業、田舎に戻り働き始めた頃、じつは彼女の身にとんでもないことが起こり、彼女は親と私たち友人に別れをつげて、勝手な行動を・・・
あの当時は、泣きながら彼女を抱きしめつつめちゃくちゃ叱ったっけ...( = =) トオイメ

その後段々とお互いに結婚、子育てと疎遠になりつつも、年賀状だけは毎年やりとりしていた。
何度か電話で話したこともあったけど、とにかく子供の泣き声に落ち着いて話すことも出来ない環境だったりで、段々と年賀状だけのやり取りになってしまっていた。

その彼女の一番上のお兄さんの名前の文字を見つけた喪中はがき。
すぐに電話。何年ぶりだろう?解るかな~
って、ちょっと気になりながらも、コールしたらすぐに、
「はい。○○です。」
「○○子?」
「あ!!!○○ちゃん?」て、すぐに懐かしい呼び方で、
さらに彼女が大声で「きゃ~~~!嬉しい~~」って^^

そこからは、昔のようにおしゃべり。

じつは、3人のお兄さんの2番目も、数年前に交通事故であっけなく逝っている。
お母さんはどうしてるの?って聞いたら・・・
子供2人に逝かれてしまったショックで、かなりの落ち込みようだという。
そうだよね・・・言葉にならない。
さらに、もう1人の兄さんと彼女はこっちにいるので、お母さんは老人ホームに入っているという。
亡くなったお兄さんは、結局独身だったらしい。

一度田舎へ帰ったら、お墓参り行かなきゃ・・・

電話を切った後に、なんだか、あの頃が走馬灯のように思い出されて、泣けてきちゃった。

2年ほど前は、小学校に入学する子供を亡くしたという友人の喪中はがきが届いたこともあった。
その時もすぐに電話をしたけど、子供を亡くした友人には、掛ける言葉が見つからなかったな。

ちょっと悲しいお話になっちゃった^^;
喪中はがき・・・今年はもう届かないで欲しいな。
[PR]
by smile-wind | 2010-12-16 00:00 | 起る
2010年 08月 13日 |

e0092926_22245556.jpg
クリックすると、大きな画像になります。


昨日、高速を運転中に、虹が2本ダブルで見えたけど・・・
写真に撮ったらはっきり見えない。

でも、右側のもう1本、薄っすらと見える?見えない??w
[PR]
by smile-wind | 2010-08-13 22:30 | 起る
2010年 07月 27日 |
激しいタイトルで、すみません。が、正直な気持ちだから仕方ない^^;

日曜日、いつもの駅でのこと。
日曜だけど、出勤だった娘。
駐輪場から、駅に上がるエレベーターで、1人の中年男と二人きりだった。

ホームに設置してある冷房の効いた部屋に入った娘。
中には、もう1人女性が隅に座っていた。
反対側の端っこに座った娘。

ホームには、さっきエレベーターで一緒だった中年男が、チラチラとこっちを見ている。
暫くして、その中年男が冷房室に入って来た。

何気なくボーっと眺めていた娘の目に飛び込んできたものは・・・

ジーンズのジッパーからモロだししている、男性のあれw
しかも、直立だった。
しばし呆然だった娘。

その中年男、娘の隣に座った。
いくつもあるイスは、娘と、さらに隅っこにもう1人の女性。
後はすべて空いているイス。
なのに、娘の隣に座った。
しかも、出したまま。
すぐにその部屋から出た娘。

電車が来たので、乗ったけれど、その男も続いて乗った。
車両を移動した娘。

「その後のことは知らない。

朝から気持ち悪いものを見せられて、吐き気がした。
今まで会ったこともないオヤジだと思う。

今度見つけたら、大声出してやる!」


と、ここまでは娘が、興奮して話した真相。


ここからは、母としての中年オヤジへの怒り。

ちょっとあんた!!
粗末なものを見せるんじゃねぇよ!!
しかも、娘をおかずにしやがって!!
キモイお前のおかずになるほど、娘は安くないんだ!!!

もしお前を見つけたら、首根っこ押さえつけて、警察に突き出してやるから覚えておけよ!!

そんなに出して見せ付けたいなら、原宿のど真ん中で出してみろ!
そんな勇気もないくせに、ちまちま小さな駅で出してんじゃねぇぞ!!


かなりお下品な暴言で、失礼しました。
しかし、バカオヤジのせいで、娘の一日が台無し。
このバカオヤジにも、妻もいれば、子もいるんだろうか。

娘曰く「脳裏に焼きついて、気持ち悪くて仕方ない」

世の中変な奴がいる!
ったく、腹が立って仕方ない(-_-;)
お前みたいな奴、死んでしまえ!!
[PR]
by smile-wind | 2010-07-27 10:44 | 起る
2010年 07月 04日 |
e0092926_21233941.jpg
雨上がりの空に・・虹が。

[PR]
by smile-wind | 2010-07-04 21:26 | 起る
2010年 07月 03日 |
広告、目立たない?

いかがなもんでしょ?w

ま、これで妥協ですね。

なかなかいいんじゃない?

ありがとう♪

お知りになりたい方、いらっしゃいます?^^;

あれ??あれれれ??

時々、広告出ないね。
[PR]
by smile-wind | 2010-07-03 11:37 | 起る
2010年 06月 15日 |
土曜のお昼から、友人が東京へ。
数年ぶりの再会♪

ランチをした後に、我が家に拉致w
そのまま宴会に突入!
旦那、息子夫婦、娘、友人、おまけみたいな私^^;
だって、この友人、私の家族ともめちゃめちゃ仲良し。
私なんか・・・蚊帳の外w
どうせ・・どうせ私なんか・・・家政婦みたいにおさんどんだけだもん・・ρ(-ε- )イヂイヂ
寝たのは夜中の2時過ぎw

次の日曜。
二人で新宿のホテルに滞在。
もう1人友人を交えて、都庁の展望台まで連れて行き、他に行きたいところある?って聞いたら・・・

「風の顔を見ただけで充分満足。」

たぶん、前日の我が家で飲みすぎで、歩くのが億劫なのねw
んじゃというわけでランチを取って、ホテルでダベリング。

夜、二人で居酒屋へ。
ある意味、これが目的w
彼女、底なしで、めっぽう強い。
綺麗さには勝てるが(ええ??って、あ~た!そこ!驚かないようにw)、お酒の量には負けるw

最初はビールで乾杯。
その後は、焼酎で。
酔ってもホテルの下の居酒屋だし、呑んじゃえ!みたいな感じ?

ほろ酔い加減でホテルに入り、そこからまたダベリング。
いつしか、私は知らない間に寝てたw

月曜の朝、外は雨、時折大雨。
どうする?ってことで、ゆっくりしたいね~となって、ホテルのチェックアウトを延長。
きゃ~、ラブホみたい!!って、今もあるのか?延長システムw
たぶん彼女、呑み疲れだね^^;

お昼にホテルを出て、東京駅まで見送り。
途中買い物したり、ランチしたり。
2時の新幹線に乗った彼女。
「シンデレラエクスプレスみたい!」って、あ~たね、恋人同士じゃないんだからw
さすがにね、新幹線が出た直後、涙出そうになりました^^;
次に会えるのって、いつなんだろ・・・ってね。

そして私は、雨の中1人寂しく帰るのかと思ったけれど、別の友人が東京駅まで迎えに来てくれて夕方帰宅。
寂しい別れをした後に、1人で考えながら岐路につくって、とっても寂しかったりするでしょ?
そんな時、隣に友人がいたりすると、また違った感情で別れを受け入れられる気がするんだよね。

だって、ほんとにお互いが、会いたくても会いたくても、どうしても会えない環境にいたわけで、それが再会出来た喜びもあっと言う間。
さすがに、新幹線を見送った後は、寂しさが押し寄せてきた感じだった。

私たちの付き合いは、もう35年。

彼女「お互い、いろいろなことがあったし、これからもあるだろうけど、歳取って1人になったら、東京に来て近くに住みたい」

「充分歳取ってるけど?w」

なんて冗談言いあったけど、彼女の言葉、案外本音なんだよね。
いつか近くに住んで、お互いがもっと強い心の支えになれればいいなと、私も彼女も思ってる。
[PR]
by smile-wind | 2010-06-15 17:44 | 起る
2010年 06月 02日 |
先日のこと。
娘が仕事から帰って来て、玄関を開けたと同時に、
「ねぇ~これどうしよう~」って。
「何なに??」って近寄ったら、
娘の手元には可愛い封筒のお手紙がありました。

え??ラブレター??
やるね~娘よ!w

いやいや、違いました。
その宛名には、「○○より、○○ちゃんへ」
明らかに、小学生が書いたラブレターでした。

ではどうして娘の手の中に?

じつは、我が家の前の道路は近くの小学校の通学路になっていて、
朝夕小学生が大きな声で笑ったり、叫んだりしながら登下校しています。

娘が帰宅したとき、家の前にそのラブレターが落ちていたのです。
その手紙は、ちょっと分厚くて、後ろはテープで止めてあります。
渡されるはずの子が読んだのか、読んでないのか、定かではないのですが、渡すはずの子が一生懸命に書いたであろう手紙。
その手紙が落ちていたとは。
しかも、我が家の目の前に。

はてさて、どうしたものかと考えましたが、まさか、学校に届けるわけにもいかず、かと言って、登下校中の小学生に聞くのも、もし当人でなければ知られた子はどんな思いをするかを考えると、誰かれかまわず聞くわけにも行かず・・・

ということで、いまだに我が家の玄関の下駄箱の上に置いてあります。

でもね、なんだかとってもほのぼのした気分?になったんですよ~
捨てるのもなんだか可哀相なんだけど、どうしよう・・・


e0092926_22173866.jpg


[PR]
by smile-wind | 2010-06-02 22:20 | 起る
2010年 01月 22日 |
この前の記事で、我が家の南側に、新しく戸建が建つという話を書いた。

実際、今のビルは無人で、ちょっと物騒でもあるが。

昨日のこと。

夕方4時ごろ、用事があって庭に出た。

このビルの敷地内に、警官数名と、ビルの元持ち主が何やら話していた。

すると、1人の警官が私の顔を見るなり、こちらにやってきた。

「すみません、これを不法投棄されたみたいなんですが、何か音を聞きませんでしたか?」

昨日は一日家にいた。

午後2時過ぎに、トラックの音と、大きな物音がしたのは気がついていたが、わざわざ外も見ないし、敷地内にはまだ会社の荷物もあって、それを運び出しているのかと思っていたので、気にもしなかった。

「トラックの音と、物音は聞きましたけど。」

「それは何時ごろですか?」

「2時過ぎだったと思うんですが、あまり気にしていなかったので、はっきりした時間はわからないんです。」

すると、私服の刑事らしき人物も後からやってきて、私のところに来て、同じような質問をした。

実際の不法投棄されたものは、これ。↓

e0092926_2216442.jpg


でもね、考えてみたら変な話だけど、犯人はすぐ見つかりそうな気がするんだけど。

だって、この会社が潰れて、このビルと土地が人の手に渡ったことを知ってる人物でしょ?
しかも、この不法投棄されたものは、マンホールなんかの下にある、コンクリートで出来たトンネルのようなパイプ?みたいなもの。

おのずと、どんな会社で扱っているのか解るはずだし、この潰れた会社と関係してたってことでしょ?
でなきゃ、ここが今無人だということも知るはずないし。

不法投棄って、罪が重いって聞くけど、犯人が見つかったら、是非顔を拝見したいものですw


でね、不法投棄でもうひとつ話しがあるのです。

ま、それはまたということで。

世の中には、人の迷惑顧みず、悪い奴がのうのうと不法投棄するんですね~!
[PR]
by smile-wind | 2010-01-22 22:29 | 起る
2009年 10月 09日 |
昨日のこと、午後から食材の買い物に行った。

先週初めから、買い物をしていなかったので、結構な量の買い物になった。

レジで、かごが2つになり、一つのかごには、油、お醤油、お酒、牛乳類など、
重いものばかりになっていた。

レジで精算が済んで、レジの人が、

「このかご、向こうまで運びましょうか?」と聞いてきたので、

腕力には自信のあるワタクシ、「大丈夫ですよ。」と言いながら、
もうひとつのかごを、袋詰めの棚まで運んだ。

さらにもうひとつ運ぼうと思って、振り返った瞬間、
レジの後ろに並んでた女性が・・・

「重そうですね。」と言いながら、そのかごを持って運んでくれようとしていた。

「あ、すみません。」と言って、受け取ろうとしたけれど、
結局その女性が棚まで運んでくれて、レジに戻り自分の精算を始めた。

「持ちましょうか?」とも言わず、自然に持って運ぶ。

年齢は、20代半ばくらい。
きっと、母親を見ている感覚?だったのかな~
それとも、私がひ弱に見えた?(誰だ?そんなことナイナイ!って叫んだ奴w)

娘にこの話しをしたら、

「きっと、その女性は普段から、人助けをしているんだね。
私には出来ないな。」
って。

でしょうね、ほんとにごく自然な振る舞いだったので、きっと普段から何気なくやっているのかもしれない。

しようと思っても、なかなか出来ない行動。

台風が去った後の、心がほんわかした瞬間でした^^
[PR]
by smile-wind | 2009-10-09 09:38 | 起る
2009年 08月 14日 |
世間はお盆休みで、休日を満喫している方も多いでしょうか?^^

ワタクシ、今週初めにやってしまいました。
二度三度、経験があるのですが、今回は軽い症状だったので、何とか・・・

ギックリ腰ですw
それはそれは痛いのなんのって。
寝ても痛い、起きても痛い、歩けない、動けないの最悪をほぼ二日間。

三日目には、何とか歩けるようになったものの、亀のような速さ。
おまけに、婆さんのような腰まがりの歩き方なので、鏡で見る自分の姿が、
何十年も歳取ったような感じでw

所謂、婆さんゾウガメ(誰かが名づけたw)状態でしたww

家族はそれぞれの予定で出かけちゃうし・・・
私を見れば笑うし・・・冷たいったらありゃしない(ーー;)
所詮、何回もしてると、そんな態度なのよね~ww

今こうしてても、同じ姿勢を長時間しているのは、ちょいと苦痛。

で、このお盆休みは、ワタクシ、テニス三昧の予定だったのですよ。
男女入り乱れて(変な意味じゃなくw)の、テニスだったけれど、
それもキャンセル(T∇T) ウウウ

ところがです、嬉しいことがありまして・・・

なんと、お見舞いのお花頂きました^^v

それも珍しい、「ブリザーブドフラワー」

e0092926_15554450.jpg


綺麗でしょ~?^^
お水も、日光もいらないし、1年~3年は持つんだって。

この花を見ると、ギックリ腰を思い出しそうですがw

でも、嬉しかったっす。
私・・・愛されてんのぉー?!(≧◇≦)エーーー!(誰にだよw)

誰だ?お盆用の菊の切花が似合うって言った奴は(ーー;)

では、皆様、くれぐれもギックリ腰には注意して、残りの休暇を楽しんで下さいね~^^
[PR]
by smile-wind | 2009-08-14 16:05 | 起る