いらっしゃいませ。
一部の古いブラウザでは
表示に不具合があります
のでご了承ください。

by 管理人
★★お知らせとMyBlog情報★★
2005年10月07日登録

基本は不定期更新、気まぐれブログです。

コメント欄も、自由気ままに開けたり閉めたりしています。
すみません(ぺこり)

皆さん、風邪など引かぬように、気をつけて下さいね。 

★★Logo下のwelcomの画像にカーソルを載せると、挨拶文が表示されます★★


2006年 03月 28日 |
本と私とちょこっとだけ娘
本は良く読む。
勿論、ジャンルには一切こだわりはない。

この街には、図書館が多く、大きな図書館もチャリで行ける距離にある。
近くの図書館になければ、別の場所から取り寄せてくれる。
新刊でも、これが読みたいと希望を出すと、暫くすると置いてあったりすることも多い。
が、タイミングが悪いと、殆んど先に借りられてしまい、購入してしまうこともあるが^^;

読まなくなった本を、市民が寄付することも出来る。
もう、数え切れないほど寄付をした。
手放したくない本以外は、狭い我が家、ツレも本好きなので、場所がなく、
だいたい寄付するか、漫画(これも子供と一緒に良く読む)などは、BOOKOFFや、友人へ。

ふらっと本屋へ入り、隅から隅まで廻るのがお決まりのコース。
最後に漫画コーナーへ行くのも忘れない(そこかい^^;)

で、ちょっと前に読んだ本は「あおぞら」
この本を手にとったとき、まず、娘に読ませたいと思った。
難しいことが書いてあるわけではない、ある少女の心の葛藤と、
強く生きていこうと決心するまでの体験した話が嘘偽りなく書いてある。

数日前は、劇団ひとりの「陰日向に咲く」を読み終えた。
これはいくつかの物語が書かれていて、それが何処かで繋がっている。
彼の才能を垣間見た感じがする。

今はリリーさんの「東京タワー」を読んでいる。


私は今、本を購入するとき、娘にも読ませたいと考えて買うことが増えた。
最近では、「1ポンドの悲しみ」「スイッチを押すとき」「明日への記憶」
などなど・・・

そして、娘の感想も聞いてみたいと思うようになった。
まだまだ二十歳の娘には難しい本もあるかもしれない。
けれど、彼女にも本は読んで欲しい。時間がかかったとしても。

彼女が泣いてしまって読めないと言った本がある。
「生きながら火に焼かれて」

今でも彼女の本棚には、この本が置いてある。

難しいからこそ、

漫画は欠かせない。

だから漫画は大好き!!

ってそこなんですけどね、親子の共通の話題は。ぉい( ̄▽ ̄;)!!
[PR]
by smile-wind | 2006-03-28 17:43 | 自分